新しいプロジェクトで

新しいプロジェクトに行く当日まで、次が何のプロジェクトで
どんなことをやるのか、知らされていなかったのですが。

というのも、本当に直前まで何をやらせるか迷っていたみたいで。

今までとは全く環境を変えてVBでもやらせるか、
それともとりあえずCOBOLをやらせるかってところで。

フタを開けたら、結局COBOLでした。

異動初日に、そのプロジェクトのリーダーに、神妙そうな顔で、
「前の現場での大体の話は聞いている。これから頑張っていこうな!」
などと励まされまして。

なんか雰囲気は『ダメな子、拾っちゃった(汗)』って感じでした。

一応、当時のワタクシの数少ない売りは、長年のデータ修正班で培った業務知識。

というか、データベースの構造、というか。裏知識的なことですが。
(かなり偏ってましたが。)

新しいプロジェクトも同じ業界の仕事で、業務の内容自体は似ていたんです。

ということで、担当することになったプログラムは、
比較的重たい(難しい)プログラムが数本。

コレも、リーダーと設計者とで話し合いがあったみたいで。

「簡単なプログラムで数をこなした方が良いか、
業務知識を生かせる難しめのプログラムをやらせるのが良いか・・・。」

結果。

「時間がかかっても良いから、難しいプログラムやってみましょう!」

ってことになったのでした。
育てようって気持ちがありがたいわけです。

まともにプログラムを作るのは、コレがほぼ初めてだったので、
「どれくらいの期間でできそう?」と聞かれても、
「えぇと・・・。」
と全く予定も立てられず。

とりあえずリーダーに
「この期間を目安にやってみて。」
と言われた、そのままの期間をスケジュールに書き込み、
プログラマー生活が始まったのでした。

ブログランキングへ
トラックバックURL
コメントいただきました☆
1. Posted by よる   August 26, 2007 03:14
はじめまして。30代のIT業界に興味のある普通の事務員です。非常に楽しく読ませてもらってます。が、続きが気になります! ゆっくりでいいので、続きを読ませてください! 
2. Posted by ハル   August 31, 2007 23:58
コメントありがとうございます。
今月、いきなり忙しくなって、全く書けませんでした・・・。進捗が遅れてるみたいで少しくやしいです。

・・・いえ、今までだって、仕事中に書いてたわけでは決してありません(笑)
来月には落ち着きますので、また来ていただけたらうれしいです!
是非!コメントをどうぞ♪
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
書いてるヒト
いつの間にか、三十路の女。
ハルです。
訳あって会社を辞め、悠々自適のフリーエンジニア生活♪・・・とは、なかなか行かず。あぁ、人生っていろいろ。

このページに迷い込んだ記念にぜひ・・・ブログランキングへ
コメント

livedoor プロフィール
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)