デスマーチ(death march・デスマ)とは

そのまま訳すと「死の行進」。
システム開発のプロジェクトが破綻に向かって突き進むさまを、こう呼びます。

「当初の計画・作業見積りが甘かった」

「利益を確保するために、開発要員を少なく見積もった」

「マネージャーが、自分の生産性を基準に見積もった」

「営業がお客さんのわがまま(仕様変更)を安請け合いしてしまった」

「実は、基本設計がボロボロで、手戻りだらけだった」

「別会社に丸投げしたプログラムが、ごっそりできてなかった」

「実は裏では、経験のない新入社員が必死こいてプログラムを作っていた」

などなどの理由により・・・

⇒システム開発がスケジュールどおりに行かなくなる。

⇒「残業して対応すること!遅れを取り戻すこと!」と指示が出る。
 遅れを取り戻せばなんとかなる、と思い頑張る。

⇒それでも追いつかないと、最後の砦である【納期】を守るために、
 とりあえず社内や協力ソフトから人をかき集めて大量投入したりする。

⇒新たに投入した人の教育のために、有識者の時間が割かれてしまう。

⇒人を投入したのに思うように進捗は進まず、焼け石に水というより
 火に油を注ぐ状態になる。
 が、納期を守るためにもスケジュールの見直しはしないで、あくまで頑張る。

⇒理不尽な残業と生産性の低下が続く。
 プロジェクト内で、めちゃめちゃ忙しい人と待っている人の二極化が進む。

⇒果ては週に2回くらいしか家に帰れなくなる。

というような、てんてこ舞いの状態をいいます。一部では、『祭り』とも言います。


聞いた話では、デスマーチ中のプロジェクトでは、普通に
「23時から打合せしま〜す」(帰らせる気ないだろ!)
「今日、帰る人いる?」(帰っちゃいけないのか!)
「明日の朝までに新規プログラム3本仕上げて!」(テストしなくていいんかい!?)
などなど、何が標準であるかわからない会話が繰り広げられ、
精神的に破綻する人もいると聞きます。

この業界で働くと、周りのSEから「あの時は、月に400時間くらい働いたよ〜」
という武勇伝が、ほぼ間違いなく聞けます。
もはや、400時間が何を表すのか不明(笑)だって、24時間×30日=720時間ですよ。
1ヶ月に与えられている総時間の半分以上、会社にいて働いていたと・・・?

破綻するプロジェクトのほとんどは、当初から開発期間や要員に
無理があるプロジェクトであるといわれています。

必要な機能(作るべきモノ)と、リリース日(システムを使い始める日)は
確定事項として決まっていて、後は予算的に『この金額のなかで・・・』と言われたら、
多少の無理を感じても「なんとかします」の答えしか出せないのが現実かも知れません。
仕事が取れなくなっちゃいますからね。

よく、デスマーチプロジェクトを渡り歩いて、チームを仕切ったり、
手を動かしたりする人を「火消し屋」なんて呼びますけど、どうなんでしょ?
一緒になって騒いで、煽って、火を消さない人もいますからね。
(このあたりは、契約形態にもよるので、また別に書きます。)

デスマーチが始まってしまったら、
リリースの延期を含むスケジュールの抜本的な見直しや、
必須でない機能を後回しにするなどの調整をきちんとして、
プロジェクトが正常な状態になるように持って行かないと、
本当の「火消し」とは呼べないと思うんですけどね。

ま、デスマーチの兆しが見えると、【下請け】は、【元請け】から
『なんとか終わらせろ!』って言われるばかりですから、
仕方ないと言えば仕方ないのですけど。

実際に見たことがあるのですが、下請けの進捗が遅れ始めると、
元請け内に『下請け管理チーム』的な団体ができて、
「やれ、どうしてこうなったのか原因を書面にまとめろ」「改善案をだせ」と、
さらに身動きが取れなくなったりすることもあるし・・・。

そして、デスマーチは終わらないし、なくならない・・・ちゅうことですかね。

ブログランキングへ
トラックバックURL
コメントいただきました☆
1. Posted by はち   June 14, 2007 12:09
5 はじめまして。現在文系ながらSE志望で就職活動をしている者です。
まだまだ分からないことだらけで、こちらのブログをいつも読まさせて貰っています^^
2. Posted by ハル   June 14, 2007 20:25
はちさん、はじめまして。
就職活動中ですか!なんて甘美な響き。頑張ってくださいね!
システムエンジニアは、文系の人多いですよ。法学部の人とかも、普通にいましたし。
そして・・・、できるだけ上を狙ってくださいね(笑)
上から落ちるのは、本当に簡単ですからね〜。
是非!コメントをどうぞ♪
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
書いてるヒト
いつの間にか、三十路の女。
ハルです。
訳あって会社を辞め、悠々自適のフリーエンジニア生活♪・・・とは、なかなか行かず。あぁ、人生っていろいろ。

このページに迷い込んだ記念にぜひ・・・ブログランキングへ
コメント

livedoor プロフィール
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)